画像

病名

症状

予防・治療

黒星病 ●土中にすむ菌が雨や水かけで跳ね返り付着し下葉から感染。
黒いシミの様な斑点や葉脈に沿った部分が黄変し後に黒くなり落葉する
次々と感染し落葉すると樹勢は弱まり花が咲かなくなる事もある

●対処:予防薬散布と共にマルチングも効果的

ダコニール
オーソサイド
マネージ

治療は:サプロール

ウドンコ病

●新芽や蕾、葉の柔らかい部分が粉をまぶしたようになり萎縮する
ひどいと生育が止まり花も咲かない生育期間中4月〜11月を通して発生
春や秋の温度差の激しい時に多発、最低気温が25度を超える夏には
発生しない。過度のチッソ肥料は病気を助長する

●対処:日照と風通しを良くすると予防に効果的

トリフミン
バイコラール
カリグリーン

治療は:ミラネシン

  ベト病

●露菌病ともいわれ、夜露が朝まで残る気候や環境で発生
枝葉の柔らかい部分に感染し発病すると熱湯で煮たような斑が入り落葉する

●対処:密植えをさけ風通しを良くする

アリエッティ
ダコニール

  根頭ガンシュ病

●土中のガンシュ病菌が根の傷口から侵入し
菌のコブを作る。
繁殖が進むとコブが大きくなり養分を奪い樹性衰える

●対処:コブは切除して傷口を殺菌、使ったナイフ、ハサミも消毒する

特になし
  サビ病(赤星病)

●4月から10月頃、葉や枝に黄色いイボ状の斑点ができ、錆色の粉が出てきて葉および株全体を弱らせる。
葉に錆色の斑点が多数発生

ベントーレ
  キャンカー(枝枯れ病)

●剪定した切り口から菌が侵入、枯れ込んだ切り口がどんどん広がり株全体が枯れ死します

●対処:枯れた枝先を見付けたらこまめにカット
剪定時のハサミは清潔に

発生初期に
ベントーレ
  スス病

●カイガラムシ、アブラムシの被害などで発生、葉や枝にスス状の黒いカビがつく

●カイガラムシ、アブラムシの発生を防ぐ

ベントーレ
虫の写真
虫の名前
症状
予防・治療
バラゾウムシ

●春先に多く蕾が小豆大になったところに花首に卵を産み付けます。蕾は萎えて枯れてしまいます
被害を見付けたら翌朝から2.3日殺虫剤を散布

 

オルトラン
スミチオン
ジックニーム

ハナムグリ
コガネムシ
●花や若葉を食害します。やっかいなのは土中に寄生する幼虫で根を食害、1本の木に沢山寄生すると枯れ死することもあります。土がフカフカになり他の鉢に比べ土の乾きが遅くなったら鉢を掘り上げて確認、見付けたら即、捕殺します 幼虫にはダイアジン粒剤
蛾の幼虫 ●蛾の幼虫には沢山の種類があります
卵は蕾に産み付けられ若齢幼虫の頃は殺虫剤の届かない蕾の中から食害します高齢幼虫になると蕾を渡り歩き蕾を食害します。高齢幼虫になると家庭園芸用の殺虫剤では効かなくなるので蛾の成虫を寄せ付けない予防が大事です
オルトラン
スミチオン
チュウレンジバチ
バラクキバチ

●若い枝に産卵し、その枝はそこから上が萎れる。
枝を良く見ると割れて幼虫が出た後がある

オルトラン
スミチオン
アブラムシ ●新芽につき吸汁する春先は薬剤に対する抵抗力が強いのでできるだけ手で捕殺する ベニカDXスプレー
オルトラン
スミチオン
  スリップス ●5oほどの小さな虫が主に花弁から吸汁し花弁にシミをつくる淡い色の花は被害が目立つ花の中のもぐり見付けにくいため浸透性の強いスリップス専用の殺虫剤しか効果がない オルトラン
スミチオン
ベストガード粒剤
  ハダニ

●クモの仲間で葉裏から吸汁、葉の機能を失わせ樹勢を弱める、高温と乾燥を好み夏季に大発生薬剤の抵抗力が強いためそのつど薬剤を変える必要がある葉が城っぽくカスリ状になったら注意

●強い水流で洗い流し個体数を減らす

展着くん
冬期・硫黄石灰合剤
ジックニーム
       
       
       
       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system